• メニュー

あっちゃんのサポステ入門! 私がお答えします!

そもそもサポステってどんなところ?

「働く準備運動」ができる場所なんです!

地域若者サポートステーション(通称サポステ)は、働くことに踏み出せない若者たちと向き合い、社会との橋渡しを行う厚生労働省委託の支援機関です。

仕事が長く続かない。 面接で何を話したらいいんだろう。 どんな仕事がしたいのかも分からない。 職場の人間関係が不安。 働いていく自信がない。 こんな思いに寄り添って、全面的にバックアップ!

どこまでサポートしてくれるの?

相談から就職サポートまで、まるっとおまかせ!

サポートイメージ

面談や各種セミナーを通して一人ひとりに合った解決策を練っていき、個人の「自立する力」を引き出していきます。

  • ①受付 まずはサポステを利用するために、電話でご予約を。
  • ②初回面談 実際にお話を聞いて、登録の手続きをします。
  • ③個別面談 登録後の個別面談で、これからについて考えていきます。(面談は必要に応じて随時行います。)
  • ④各種プログラム 仲間とともにスキルアップし、少しずつ自信をつけていきましょう。
  • ⑤就職決定 ハローワークなど様々な機関と連携し、就活をしっかりサポート。
  • ⑥定着支援・ステップアップ相談 サポステ卒業生限定 就職してからの働く悩みや、仕事のステップアップに関する相談にも対応します。

あるサポステでの支援の流れ

初回相談から利用期限は3か月が目標(最長6か月まで可)

あるサポステでの支援の流れのイメージ

キミの自身をもっと高める!サポートプログラムの一例

  • コミュニケーション講座

    コミュニケーション講座のイメージ
    「人とどう話していいかわからない」、「働いたとしても職場で人とうまくやっていけるか心配」といった悩みや不安はありませんか。
    コミュニケーション講座は、日頃の生活や働く上で必要なコミュニケーションの基礎やコツを身につけるためのプログラム。少人数でのグループワークを通じて、就職活動や職場などの場面にも活かすことができるコミュニケーションスキルを身につけることができます。コミュニケーション講座を実施しているサポステはこちら
  • ジョブトレ(就業体験)

    ジョブトレ(就業体験)のイメージ
    ジョブトレとは、ジョブトレーニングの略で職場見学や短期間の職場体験のこと。サポステのある地域の企業・団体の協力を得て、事業所などを見学したり、実際に少しだけ働く体験をしたりすることができます。
    体験は1日2、3時間のものや数日間行うものなどサポステによって異なりますが、こうした職場見学や短期の職場体験を通じて実際の現場を見ることで、就労への不安を少しずつ減らしていき、また、働くことへの意識が高まります。ジョブトレを実施しているサポステはこちら
  • チャレンジ体験

    チャレンジ体験のイメージ
    サポステでの相談や支援を受けて、就職まであと一歩。でも、実際に働くのは不安でもう少し準備をしたい。
    チャレンジ体験は、そんな方向けの、3~4週間、実際に企業などで働いてみるプログラムです。体験期間中はサポステスタッフが企業との間に入り、しっかりサポート。体験後は一緒に振り返りを行い、課題などを整理した上で、就職に向けた支援を引き続き行います。実際に就職する前に連続した就労を体験することによって、仕事の感覚をつかむことができます。チャレンジ体験を実施しているサポステはこちら
  • ビジネスマナー講座

    ビジネスマナー講座のイメージ
    身だしなみやお辞儀の仕方、言葉遣い、電話応対など社会人としての基礎的なマナーを学べます。働く際に必要な礼儀作法が身につくだけでなく、求人への応募の電話をかけるときや、面接時の応対などでも活用できます。働いた経験がない方だけでなく、経験がある方で自分のビジネスマナーに自信がない方にもおすすめです。ビジネスマナー講座を実施しているサポステはこちら
  • 就活セミナー

    就活セミナーのイメージ
    「就職活動ってどんなことをすればいいの?」という方のために、就職活動のイロハを教え、一人では不安な就活を支えます。履歴書の書き方や面接の受け答え、敬語の使い方の指導、仕事の探し方などのノウハウを学ぶことで、すぐに就活に活かせる力が身につきます。就活セミナーを実施しているサポステはこちら
  • 集中訓練プログラム

    集中訓練プログラムのイメージ
    生活が不規則な方などのために、生活面のサポートと職場体験・職場実習・資格取得等の訓練を集中的に実施するプログラムです。5日間以上の合宿を含むプログラムで、生活面、メンタル面のサポートと一人一人の状態に合わせた訓練を、1ヶ月から6ヶ月の間に集中的に行います。集中訓練プログラムを実施しているサポステはこちら
  • パソコン講座

    パソコン講座のイメージ
    働く上で必要となる基礎的なパソコンスキルを習得するための講座です。ビジネスで活用度の高いスキルを習得することで、就職に役立てることができます。Word・Excelなどをはじめとした仕事でよく使うソフトを学べます。パソコン講座を実施しているサポステはこちら
    若者UPプロジェクト

    パソコン講座のうち、日本マイクロソフト株式会社の協力を得て実施しているプログラムです。パソコンはあまり得意でない方向けのパソコン入門やマイクロソフトのWord・Excel・PowerPointなど、仕事でよく使うソフトの基礎から応用まで学べる様々なプログラムがあります。パソコンスキルを身につけることで、進路選択・仕事選択の幅を拡げることができます。「若者UPプロジェクト」を実施しているサポステはこちら「若者UPプロジェクト」の詳細はこちら

  • 「ホンキの就職」

    「ホンキの就職」のロゴ
    株式会社リクルートホールディングスの協力を得て実施している就労支援プログラム。1Dayセミナーと4Daysグループワークの2種類があり、自分の可能性の発見から求人への応募、面接まで一貫して支援します。自己理解・仕事理解を深め、就職活動に前向きになれることを目指します。この「ホンキの就職」を多くのサポステで取り入れており、平成27年度の内定率(プログラム参加後3ヶ月以内の内定者数/参加者数)は72.9%にのぼります。「ホンキの就職」を実施しているサポステはこちら「ホンキの就職」の詳細はこちら
  • サポステにより、実施していないプログラムもあります。
  • どのプログラムを受けるかは、サポステスタッフとの相談・面談の中で一緒に決めていきます。

まずは、なんでも相談してください!

サポステには、様々な悩みを解決できる環境が整っています。一緒に仕事への第一歩を踏み出してみませんか?

  • サポステのイメージ
    キャリアコンサルタントや臨床心理士、産業カウンセラーが、じっくり時間をかけた面談を実施。必要な経験やスキルを明らかにし、今後のサポート内容を決定していきます。サポステにより配置されていない場合があります。
  • サポステのイメージ
    コミュニケーションが苦手な人向けのグループワークや講座では、同じ悩みを抱えた仲間と気持ちを共有し、将来に向けて前向きな気持ちを持つことができます。
ページトップへ